カテゴリ:つくる( 219 )
Book Cover
久々のアップロードですが、まあ革細工記録です。今年も自己満足な記録を続けます。

b0003991_833220.jpg型紙をつくって大きさ確認をしたら、革を切り出しです。縫いしろ部分を入れて厚み 2cm くらいの文庫本用で、大きさは 164mm × 320mm 。縫いしろに上下で 5mm ずつとっています。

b0003991_8372616.jpg折り曲げる部分の内側の処理です。どうしても折り曲げるとふくらむので、多少削っておきます。今回は手加減しすぎました。もっと削ってよさそうです。紙ヤスリなどで調整するのもいいかもしれません。

b0003991_840854.jpg折り曲げます。革に傷がつかないように保護用の紙を挟んでます。2~3時間である程度曲がった状態になってくれます。待っている間はFFで釣りでも・・・。

b0003991_8424040.jpg折り曲げた状態で糸を通す穴をあけます。折り曲げただけではどうしてもずれてしまうので、両面テープで留めてから穴あけです。本来は折り曲げ部分だけ縫えばいいのですが、今回も注文品なので、飾り用のステッチを上下全体に入れます。

b0003991_8452662.jpg縫いつけです。きっちりと締め付けながら縫っていきます。ここまでできてしまえば、縫うというより穴に糸を通して締めていくだけです。その後、革の切り口にトコノールという目止め剤を塗って磨きます。

b0003991_8484012.jpg完成写真。開いた状態です。折り曲げに革が屈せず、多少ふくらんでいます。まあ、使っているうちにこの辺は収まりよくなるでしょう。

b0003991_850239.jpg完成写真。実際に本を入れてみた感じです。それなりに鑑賞に堪えうる出来でしょうか。あとは、銘をいれるかどうか・・・。
[PR]
by strayant | 2005-01-16 08:55 | つくる
懲りずに煙草ケースvol.3
久々に作成。台風で外にでられなかったので、一気に作り終えました。

b0003991_19432582.jpgひとます、材料の切り出し。型紙をつくって合わせて線を書いて切っているのですが、、、完璧な形にするのはやっぱり難しいです。切ったあと、多少調整をしてます。


b0003991_19452275.jpg今回は磁石で蓋をとめる留め具を使ってみました。初です。まあ、取り付け方は簡単なのですが、裏面に金属部分がもろにでてしまうので、これを使う場合は、目隠しのために革を重ねる必要がありそうです。


b0003991_194745.jpgそんなわけで、蓋と本体に留め具をとりつけました。


b0003991_19481211.jpgかなり作業をはしょっていますが、前面のライターを入れる部分が完成です。本体側は目隠しは不要ですが、留め具の裏側とライターがこすれて傷がつかないように本体側も裏に革を当てています。


b0003991_19503692.jpgで、いきなり完成です。あとはひたすら側面の縫いつけをしていくだけです。


b0003991_19512920.jpg開いたところです。ちょっと完成品が予想以上に大きくなってしまいましたが、まあ良しとしましょう。使い勝手などは、利用者本人のレポートをまってみます。なにかあれば追って記載予定。
[PR]
by strayant | 2004-10-09 19:53 | つくる
煙草ケース作成 vol.2 残りの課程すべて
ちょくちょく書いていこうと予定していましたが、なかなか時間がとれない事がおおいので、一気に書いてしまいます。残り完成まで一気にスパートです。

b0003991_17483979.jpg前面のパーツに側面パーツ(別の薄い革をつかっています)をとりつけます。カーブの部分で多少のズレがでやすいので、側面パーツは長めに切っておき、仮止めしてから余分な部分を切りとばします。

b0003991_17504684.jpg前面パーツに側面パーツを取り付けおわったところです。カーブの部分の縫い目がどうしても乱れます。。なかなか難しいです。

b0003991_17524892.jpg続いて背面パーツの取り付けです。ひたすら縫い続けます。穴さえ綺麗にあいてしまえば、縫うときに気を付けることは糸の締め付け具合だけです。縫い目が綺麗に揃うように調整します。

b0003991_17561138.jpgバネホックを取り付けます。今回は革が厚かったため、1回ではうまく付かず、内側から革を削って薄くしてから取り付ける必要がありました。この作業が一番面倒だったような・・・。

b0003991_17542081.jpg蓋になる部分は本来は縫い目を入れる必要はないので、普段なら何もしませんか、今回は飾りステッチをいれました。切り口を最後に磨き直して完成です。ひとまず、煙草とライターが収まったので良しとしますか。点数は甘くつけて60点くらいかなぁ。
[PR]
by strayant | 2004-08-28 18:03 | つくる
煙草ケース作成 vol.2
煙草ケースの作成再び!
というわけで、素材の切り出しから。
実際に切ったのはだいぶ前なんですけど、ブログにアップするのをかなりさぼっていました。そんなわけで、撮りためた写真とともに掲載開始~。いいんです、自己満足といわれても(笑)。その通りですから。

b0003991_2229723.jpgひとまず、皮を切り出します。相変わらずでかい包丁ですが、良く切れます。今回は角を丸く落としているのですが、この包丁のおかげで今までより綺麗にカーブをつくれました。


b0003991_2230562.jpgとりあえず、前後のパーツの切り出しが終了です。だいたい型紙通りできました。今回は至ってシンプルなデザインですが、この構造が作れれば、鞄やほとんどの物が作成可能です。基本をおさえる意味でスタンダードな形をつくってみました。 - 背面パーツ(190x75)、前面パーツ(60x75)で作成。
[PR]
by strayant | 2004-08-24 22:34 | つくる
ぴゅまの呪いはレジストされた・・・。
とりあえず、試作品が完成したので依頼者にみせてみたところ、気に入ったようでこれが欲しいと言われてしまいました。試作を納品するのはホントは嫌だったのですが、依頼者がそういうので仕方ありません。

で、渡したのですが、その日は煙草を丁度切らしていたようで、
「ケースに入れるために煙草を早く買ってきます!」
と言われてしまいました。いや・・そうじゃなくてね・・・。辞めて欲しいのですが(T-T)。

この瞬間私のうしろには、

<依頼者>は呪いをレジストした!
ぴゅまの呪い -> 効果がなかった。

と表示されていた気がします・・・。

次は印呪いをしないといけないのか・・・これをレジストされたらもう打つ手はありません。
[PR]
by strayant | 2004-08-03 17:45 | つくる
呪われた煙草ケース~とりあえず完成~
b0003991_2063947.jpgパーツの調整をして、組み立てる前に糸を通す穴をあけておきます。その上で縫いつけです。糸の締め付け具合を均等に調整しないと縫い目が乱れてしまうので気を付けます。最後にバネホックをとりつけて蓋を止められるようにして完成です。

ちょっと大きめにつくってあるので、丁度横に100円ライターが入ります。実はライター入れる予定はなく、余裕を見てつくったら隙間があいてしまったので困っていたのですが、煙草に必要なライターを入れれば問題ないことにあとで気づきました(笑

なんだか、ゴブリンの鞄のようになってしまいました。うーん、イマイチ。やはり切れっ端の材料を使ってつくるとデザインに無理が出てきますね。次回はきちんとデザインを考えてから設計をする予定です。

ちなみに、側面のパーツの前面が斜めになっているのはわざとです。裏は逆方向に斜めになっています。左右対称が嫌いな天の邪鬼の作品ですので・・・。
[PR]
by strayant | 2004-08-01 20:18 | つくる
呪いの煙草ケース合成!?
b0003991_11573852.jpgいきなりですが、革切り用の包丁です。オークションで鍛冶屋さんから購入したので、本当に良く切れます。それまではカッターで切っていたのですが、ずれたり断面が汚くなることが多く悩みの種でした。
しかし!この包丁を使うとスッパリと切ってくれますので、断面が綺麗な上、ズレもなく素材を無駄にしません。すばらしー。ということでお気に入りです。
あまりに良く切れるので、いつか指を落とすのでは・・・とヒヤヒヤしながら使っています。


b0003991_1222065.jpg一応最初なので革の素材も紹介。これは牛のヌメ革です。日に当てて、使い込んでいくと味のある飴色に変色していきます。目標は、作った作品を飴色になるまで使ってもらう事です。いつかそんなものが作れるようになるといいなぁ、と。


b0003991_1262079.jpgで、今回の煙草ケースの部品です。焦げ茶色のが昨日掘りあてた切れっ端の革です。
それ以外の2つは型紙をつくって具合を確かめてから上の革の塊から切り出しました。
ひとまずは正確に切れたので、各部品の切り口の処理などの下準備をしてから組み立てです。HQできるかなぁ・・・(笑
[PR]
by strayant | 2004-07-31 12:21 | つくる
試作開始~
ごそごそと切れっ端の革を整理していると、煙草ケースのために切ったようなジャストフィットな大きさのものを発見!ということでこれをベースに試作品の作成を開始することに。型紙作成、革の選定、革の切断の課程が一気にすっ飛ばされました。ラッキー。
まあ、これだけではパーツがたりないのと、デザインが決まってないので(端切れを使うのでかなりデザインの制約あり)、すぐに組み立てられるわけではありませんが。
ひとまず、大まかなデザインを考えつつ、本日の作業終了。

作業は・・・実質革の切れっ端整理だけでした(笑
[PR]
by strayant | 2004-07-30 12:47 | つくる
煙草ケースに・・・
まあ唐突ですが、私は煙草が大嫌いです。
どんなに挑発をされてもタゲがはがれないくらい高いヘイトをもってます。
とりあえず、友人には「煙草やめろー」と何度も言っていますが、辞める人はほとんどいません。まあ、こればかりはもうどうしようもないとあきらめるしかないですね。
とまあ、こんな内容だとカテゴリーは「雑感」になるのですが、今回は「つくる」というカテゴリーなので話題をちょっと変更。

実は数年前から独学で革細工をやっていて、曲がりなりにも作品を作れるようになりました。多少友人用につくったりしましたが、最近になって私の嫌いな煙草のケースのリクエストが入りました。
煙草嫌いが煙草ケースを作るのはちょっと嫌なのですが、将来カードケースとして使ってもらうという約束で引き受けました。「煙草がまずくなーる。とってもまずくなーる」という呪い願いを煙草ケースにたっぷり詰め込んでやろうと思います。

そんなわけで、煙草ケースの製作日記を開始予定。
最初は煙草の箱の大きさ測定。煙草を吸わないと、こんな事すら知りません。
友人に煙草の空箱をもらって測定開始。

小さい煙草
85mm x 56mm x 23mm
大きい煙草
106mm x 56mm x 23mm

さて、次回は型紙作りです。いつになるかは不明ですけどね。
[PR]
by strayant | 2004-07-29 12:41 | つくる