カテゴリ:くうねるあそぶ( 70 )
コールラビ
沖縄土産パートIII。これで完結。
コールラビ。140円。
b0003991_0595348.jpgとりあえず、何者なのかわからなかったので、またもやWikipediaで調査。ほんと、何かと便利ですよねぇ。
和名はカブカンラン。カンランはキャベツのことなので、カブのようなキャベツ?なんだか適当な命名(笑

b0003991_122323.jpg食べ方は、スライスしてサラダでもいいし、煮ても焼いてもよいみたいなので、タケノコといっしょに炒めてみました。
歯ごたえが結構しっかりしていて食べ応え十分。ほんのり甘みもあってなかなか美味しい野菜です。注意点としては、表面の皮が固くて口に残るので綺麗にむいておいたほうが良いことくらいかな。
なかなか気に入ったので、あーんまり関東圏内ではみたことないですが、みつけたら買いたいなぁ。
[PR]
by strayant | 2010-04-15 01:05 | くうねるあそぶ
アテモヤ
沖縄のお土産パートII。アテモヤ。果物のようです。チェリモヤなら大学時代の農場で育てていたので聞いたことあるんですけどねぇ。
b0003991_125447.jpg外観。なんと言えば良いのでしょう・・・。鱗で覆われたアボカドを一回り大きくしたかんじ?さっぱり良くわからないので ぺでぃってみると。
別名バンレイシ。英語名シュガーアップル。
ああ、チェリモヤとは属までいっしょなので近縁種っぽいですね。

b0003991_1322387.jpgまっぷたつに!
ちょっと熟れすぎで黒くなってきちゃってますが、Wikipedia によると、輸送がしにくいのでなかなか貴重な果物とのことなので、お腹壊してもかまわないので全部たべます。
食べます・・・うひゃぁぁぁ、甘過ぎ(笑)
果物のレベルを超えてる甘さな気が。シュガーアップルの英名はダテじゃありません。甘さは実力派です。
そして、どこかで食べたことのある味な気がしてならないのですが、こういうのって大抵思い出せないフラグが立ってるんですよねぇ。
期待通り、思い出せなかったわけですが。
最後のひとくちが苦かったのですが、それ以外は美味しくいただきました。ごちそうさま。
なお、種は培養に回されました。発芽するかは不明ですけど。
[PR]
by strayant | 2010-04-14 01:37 | くうねるあそぶ
食事に招待されてきました!
極めて珍しいことに、料理を振る舞ってくれるという友人の友人の友人?からの招待を受けていってきました。
よく考えるとかなり縁は遠い気が(笑
私が開催するのとは随分ことなるスタイルで、参加者といっしょに作りつつ食べる、というものでした。
なかなかおもしろいですね。そんなわけで、完成したものをご紹介。これ以外に、バゲットとブリーとパルミジャーノの盛り合わせがありました。
b0003991_23504572.jpg生ハム。
b0003991_2351751.jpgカプレーゼ

b0003991_23515815.jpg並べたところ。

b0003991_23521585.jpg野菜のグリルに鶏のグリル。ハニーマスタードソース添え。

b0003991_23522719.jpgこれは、来客メンバーの持ち込みのケーキ。高野フルーツパーラーのタルトです。
b0003991_23525328.jpgボンゴレ・ビアンコ

b0003991_23531070.jpgボンゴレ・ビアンコアレンジ版。牛乳やジェノヴェーゼが少々入っているとのこと。ちょっと濃厚です。

[PR]
by strayant | 2010-04-06 23:57 | くうねるあそぶ
ティアナの書
このタイトルを見て、おっと思った方。きっと友達になれます。
きっとほとんど知られてないでしょうねぇ。なんせ日本語版が出てない本ですから。

とりあえず、何モノなのか?ってのを説明しなくちゃですね。
これ、かの有名な「Myst」ってゲームの小説の第二作目です。確か三部作のハズだったんだけども、4冊目がでたのかしら?
・1作目「アトラスの書」 → 「アトラス」は主人公の名前。この本は日本語訳がでてます。ただし絶版。
・2作目「ティアナの書」 → 「ティアナ」は主人公の祖母の名前。翻訳されてません。
・3作目「ドニの書」 → 「ドニ」は国名。ドニ語というきっちりと文法やら色々と設定されている言語があります。ドニ語講座に詳しく記載されています。翻訳されてません。
私が持っているのは「アトラスの書」。独特の世界観と主人公の知的さなど、かなりお気に入り。
話の内容も非常に面白くて何度も読んでます。とってもオススメです。

で、10年くらい経つのかなぁ、ずっとティアナの書の翻訳を期待してるのですが、やっぱりかなりマニアックな部類なので採算あわないのでしょうね、、発売される気配はまったくなかったので諦めていました。
英語版を読もうとおもったことも何度かありましたが、学術論文ならまだしも小説は敷居が高いのです・・・。
ところが、昨日何気なく「アトラスの書」をぐぐってみたら、【MYST】日本語化支援したりしなかったり というサイトを発見。

こ・・・これは!!!
アトラスの書、ティアナの書、ドニの書を独自に翻訳して公開してくれているサイトですっ!
待ちこがれていたティアナの書を読むことができるのです!
嬉しすぎ。本当にありがたい。
速攻でブックマーク & iPod Touch にも転送。
発見したのが遅い時間だったので読むのはまた今度・・・。
数少ない楽しみができました。

(もしいるなら)Mystファンの方、是非読んでみてはどうでしょ?
そして、翻訳サイトの応援もお願いします(笑)
[PR]
by strayant | 2010-03-30 12:48 | くうねるあそぶ
レザンファン ギャテ
さてさて、ちょっと前の記事の続き。
Yoroizuka のスイーツの購入をしてからちょっと移動して、レザンファン ギャテへ。
場所は・・・たぶん代官山?
店にはいって緊張したのは久々。結構固そうなフレンチのお店ですねぇ。
かなり主観はいってますが、店員さんも小難しそうな雰囲気ぷんぷんです(笑
で、このお店の名物は常時8種類が揃うテリーヌ。
はて、テリーヌなんて外食で食べたことあったかしら・・・。おそらくたぶんきっと初。

b0003991_2173339.jpgコースは 3,800円と3,000円のものが。前者は後者のメニューにメインの魚か肉料理が追加されます。後者は前菜テリーヌ・スープ・自家製パン2個・サラダ・メインテリーヌ・デザート・食後の飲み物の軽食スタイル。今回は 3,000円の軽食スタイルで。
ああ、税・サービス別なのでトータル3,500円ほどです。このお店にかぎったことじゃありませんが、料理の価格に含めて表記すればいいのに・・・。
ま、それはおいといてっと。写真はメインのテリーヌ。8種類のなかから鴨肉とクルミのテリーヌをチョイスしました。2週間熟成させて完成するというなかなか手間のかかる逸品だそうです。
店の雰囲気的にうめぇーーーと大声だせないのですが、ホントに美味しいです。テリーヌってこんなに美味しいものだったんですねぇ。。熟成されたどっしりとした鴨の味に、混ぜ込んであるクルミが良いアクセントになっています。そして、見た目以上にテリーヌがお腹にたまります。
博多でドカ食いしていた時とはうってかわって、軽食スタイルですがかなり満腹に。。
書き忘れてましたが、メインテリーヌ以外のメニューは
・カツオと魚介のテリーヌ スモーク生クリーム添え
・ホワイトアスパラ入り十種の野菜のスープ アーモンドのせ
・サラダ
・自家製プチバゲット&丸いパン
・キャラメルのアイスクリームとガトーショコラ
・珈琲
特に気に入ったのが野菜のスープ。+800円だすと、黒トリュフをちらしてくれるそーですが今回はパス。それでも野菜のうまみが凝縮した美味しいスープでした。
なんか、書いていておもったのですが、想像以上に品数ありますね。量と質を考えると 3,500円は破格じゃないでしょうか。
ちょっと場所が行きづらいかもしれませんが、是非オススメしたいお店です。
[PR]
by strayant | 2010-03-27 21:24 | くうねるあそぶ
Yoroizuka
b0003991_12413917.jpg超有名なスィーツのお店。Yoroizuka。中で食べるのも、テイクアウトも大混雑な事がおおいようですが、私がいった時は運良くテイクアウト方面は空いてました。
ちなみにここはミッドタウン店。

b0003991_1244033.jpgいくつか購入してみました。
系統が同じようなモノばかり・・・。ナッツ系が混ぜ込まれたタイプが好みらしいです。
結構高いだけあって、やっぱり美味しい・・・。サブレのサクサク感とか甘さの加減とか最高です。
[PR]
by strayant | 2010-03-24 12:46 | くうねるあそぶ
ビター味
b0003991_114479.jpg恵まれない子に施された救済措置。No.1。
想像してたよりも甘みがすくなく、強烈にビターなチョコレート風味がするかんじ。

b0003991_1162488.jpgめぐまr(ry。No.2。
Zoologyシリーズ?おそらくヒキガエル。蟾蜍。
ビター系。でもこれはちゃんとチョコレートしてました。
躊躇無く首をかじった図もあったのですが、微妙にグロいので掲載を控えました。
このへん、ちょっと気をつかえるようになったとどうでもいい自負が。
[PR]
by strayant | 2010-02-25 01:19 | くうねるあそぶ
POCO A POCO の野菜たち
友人の友人の家族のブログに書かれていた「POCO A POCO FARM」で野菜の取り寄せをしてみました。
何でも完全な無農薬で栽培しているそうです。
この手の通販での野菜販売は、入会金をとったり、毎週1回連続で送られてきたりでなかなか使いにくいんですが、ここはメールで注文、3000円分の野菜を送ってくれて、送料・振り込み手数料も全て込み、一回きり、という一人暮らしでも利用しやすい形態なのがありがたいです。

http://jitomate.web.fc2.com/index.html

今は冬なので野菜が少な目のようですが、今回届いたモノをご紹介。
b0003991_1132946.jpg野菜が少ない季節には加工品をいれてくれるみたいです。
今回は「梅干し」「味噌」「たくあん」「切り干し大根」がはいっていました。(切り干し大根は写ってませんが)
味噌の消費がおいつかず、現在これで4種類になってしまいました(笑
用途を考えなくては。。

b0003991_1155817.jpgで、次はハーブ類。
「ルッコラ」「イタリアン・パセリ」「セルバチコ」「ロリエ」「タイム」「フェンネル」「ローズマリー」
いずれも量は多くないですが、珍しいモノも含め結構なラインナップです。特にフェンネルが嬉しいですねぇ。フローレンスではないのかな。自宅で育てていたモノとくらべ、かなりちっちゃかったのが少し残念ですが。

b0003991_1212625.jpg最後は野菜部門。
「ほうれん草」「ラディッシュ」「セボイキャベツ」「トレビス」「リーキ」「黄人参」「人参」「下仁田ネギ」「キクイモ」「ヤツガシラ」「高菜」「青御膳大豆」「大根」
ハーブよりもさらにマイナー野菜が含まれていて楽しいです。生の高菜なんて初めて見ました。さて、どうやって料理したものか。あぁ、一部は先日の出張料理で活躍してもらって、なかなか好評でした。
[PR]
by strayant | 2010-02-01 01:26 | くうねるあそぶ
ライヴカメラマン?
友人のバンドのライヴが開催されるということで行ってきました。
なかなか遠い・・・。場所は幡ヶ谷。ドコデスカ?って感じで、まったく聞いたことのない地名でした。。
下調べをしたところ、なにやら渋谷から近いようで。
・・・・VIRONに行ける!(違
目的を間違いそうになりましたが、VIRONのついでにライヴに行くことに。(もっと違

まぁ、それはともかく、トーキョー方面は滅多にいかないので見物と散歩がてら歩いてみようと思って GoogleMap でルートを調べて地図を 3枚印刷。ああ、携帯で現在位置を確認とか、そういうハイテクなことはやり方がわからないのです。
だから紙の地図なんです。つっこまないように。

で、渋谷着。VIRON までは完全に道を覚えているので問題なし。というか、渋谷で行ける店がVIRONだけだったりしますが。キニシナイ方向で。
VIRON でパンを買って、ここからが本番。地図をいれたクリアファイルを手で持ちつつ、渋谷を闊歩します。どっからどーみても完全にオノボリサンです。間違ってませんのでいいんですけど。地図をくるくるまわしたり、首をひねりつつ地図をみたりしてどうにか迷わずに目的地に到着。途中観世能楽堂、ニュージーランド大使館、KAKUYASU(酒屋)なんかをチラっとみてました。・・・ぶっちゃけ、現在位置の特定に全力を傾けていたので回りの風景なんてほとんど気にする余裕はなかったんですけど。

さて、やっと本番。お目当てのバンドは最終組なのですが、一つ前のバンドに間に合ったのでカメラの練習がてら見てみました。ほー。。ライブのような照明でもフラッシュなしで全く問題なくとれますねぇ。よしよし、これなら何とかなるな、という手応えがあったのでちょっと休憩後、本気で写真撮影。しかし、動き回る被写体の撮影は甘くはなく、合計 100枚ほど撮影して、うまく撮れたかなぁ、 3枚程度(笑。まだまだですね。。
ブログには載せても大丈夫そうなモノでそこそこ良いかんじの写真を 2枚ばかり掲載です。
b0003991_2163353.jpg


b0003991_2165333.jpg



----
歩:43.8km
走:40.0km
蹴:1.5h
[PR]
by strayant | 2010-01-31 21:07 | くうねるあそぶ
お気に入りビールたち
大抵はギネスばっかり飲んでますが、最近他のモノにも多少手を出し始めました。
なかなか美味しいのでオススメを兼ねてメモってみます。
・よなよなエール
・銀河高原ビール(小麦のビール)
・エビス(超長期熟成)
・ピルスナーウルケル
・にごり白生
・神都麦酒
・タイベビール
・銀河高原ビール(ペールエール)
・バスペールエール

ヴァイツェン系とペールエールが好みのようです。
ま、ピルスナーウルケルは別格として。

----
歩:15.4km
走:37.0km
[PR]
by strayant | 2010-01-18 12:50 | くうねるあそぶ