カテゴリ:くうねるあそぶ( 70 )
船釣り
久々に船釣りにいきました。
会社の釣り好きの方に誘ってもらって五目釣り。

酔い止めも前日から飲んで準備万端!
そして当日朝。。
土砂降り(笑)。
誘ってもらったときから「雨男なんで当日の天気はやばいっすよー」と言っていましたが、遺憾なく発揮されたようです。
予報じゃ曇ときどき雨くらいだったのに。
さらに追い打ちをかけるように上司から会社のネットワーク機器がぶっ壊れたので出社を~との連絡が。
事情を話して代理をたててもらえましたが、なんともタイミングが悪い・・・。

とりあえず、風はないので船は出してもらえるってことで、雨の中出港。多少雨はおちついてきてました。
さてさて、坊主にならなきゃいいなーと釣り糸をたらしてしばらくすると・・・。周囲で少しずつ釣れ始めました。
おぉ、魚がいるならいつかかかるかもーと、やる気アップ!
そしてついにサバゲット!だいたい40センチくらい。釣りは結構やってますが、大物?はほとんど釣ったことがないのでこれだけで内心大喜びでした。

このあと約5時間、ちょこちょこと場所をかえつつ釣りまくり、以下のような釣果となりました。
・サバ / 13匹(うちリリース2匹)
・アジ / 14匹(うちリリース1匹)
・カサゴ / 2匹
・カタクチイワシ / 1匹

合計30匹!
なかなかいい成績だった気がします。
が、サバ13匹とかどうやって食えと(笑

あちこちにおすそ分けしたりでどうにかなりました。

天気はというと、昼あたりから日がさすくらい回復してくれました。
「雨男くんな」みたいに二度とさそわれない、という危険は回避できた模様です。
めでたしめでたし。
[PR]
by strayant | 2011-08-01 12:32 | くうねるあそぶ
レザン・ファン・ギャテ
久しぶりにいってきました。例によって記載日と体験日には大きな日程的なズレがあります(笑
b0003991_1941484.jpgコレは前菜のテリーヌ。小松菜でくるんでありました。それにしてもホントに綺麗につくりますよね。。

b0003991_19415554.jpgで、一気にデザートというか食後のドリンクとお菓子。ミニエクレアなんですが、クリームが別にサーブされて自分で好きなように挟んで食べるようです。クリームは三種。タイム、珈琲、抹茶。イチオシはタイム。通常肉料理に使われるハーブというイメージなんですが、デザートのクリームの香り付けにも良い感じでした。
[PR]
by strayant | 2011-05-28 19:46 | くうねるあそぶ
アフリカンフェスティバル
無事開催されたのでソロで行ってきました。
引越しを念頭においているので雑貨類の購入はしないと決めてはいましたが・・・魅力的なモノがあちらこちらに。
とりあえず、雑貨を一回りみてからフードコートへ。

b0003991_22242496.jpgメジャダラ。ヨルダンの料理のようです。でも、エジプトのブースで提供してた気がするんだけどなぁ。。
豆の炊き込みご飯にトマトシチューをかけたものらしいですが、これはちょっと様相が違ってました。
悪くもなく、良くもなく・・・?豆の炊き込みご飯に使われていた豆は好きでしたね。

b0003991_2227247.jpgクスクス。アフリカ料理といえば、必ず登場するクスクスですが、この粒々がクスクスであって、料理名は違うハズなんだけどなぁ。クスクス大好きなのでこっちの方がお好み。こちらもグリーンピース大量です(笑
クスクスの美味しい戻し方?炊き方?を勉強したいな。
※調べてみたところ、粒々自体はクスクスで、これを使ったソースやスープをかけた料理もクスクスという名前らしい。なんてアバウトなのっ(笑

b0003991_2229498.jpgで、再び雑貨コーナーへ。
これはセネガルの民族楽器「コラ」。アフリカンハープのようです。ちょっと触らせてもらいました。良い音色な上に楽器のフォルムが非常に美しいです。参考に値段を聞いてみたら・・・16万円。高いっ!
このコラ奏者の第一人者のCDがリリースされているとの情報を教えてもらったのでちょっと調べてみようかな。


このほか、レソトという南アフリカに囲まれたレソトという国の紹介ブースや、各国の雑貨やお茶や珈琲なんかが販売されているのをぷらぷらと見て歩きました。
昔、研究室の先輩からマダガスカル土産としてもらったジェンベ(足で挟んで叩く太鼓)よりしょぼいものが5万で売られているのに吃驚。。あらためて大切にしようと思いました(・・・ゲンキン)。

[PR]
by strayant | 2011-04-04 12:51 | くうねるあそぶ
和食器(黒)のコントラスト
白い料理で色のコントラストをみてみたくて。

b0003991_036501.jpgで、うどん。
タレは めんつゆ(原液)、水少々、味噌ティースプーン2、自作の辛くないラー油ティースプーン2 を適当にかき混ぜたモノ。
最後にプランターのパクチーを散らして完成。
ちなみに、朝飯です。
[PR]
by strayant | 2010-12-30 00:37 | くうねるあそぶ
和食器(黒)マクロ撮影
大差ないです。結局全体が入るように撮ると同じような感じになるわけで。
マクロで撮るならホントに一部分だけ撮る使い方が正しい気がする・・・。
ちなみに、料理はレバーとモヤシの塩ソース炒め。焼きそば用の塩だれソースが半額で売ってたので試しに購入して使ってみました。勢い余って量入れすぎて味濃すぎ。。適当味付けでとっとと食べたいときには便利かもですが、普通に塩胡椒のがスキでした。
b0003991_0355127.jpg

[PR]
by strayant | 2010-12-29 00:35 | くうねるあそぶ
和食器(黒)
今回は料理がメインではなく、食器がメイン。
友人の母上の趣味が陶芸で、いくつか作品を見せてもらった時に、もの凄く気に入った色と形の器があって、そのことを伝えたら、気に入ったならもっていっていいよ、と。
ありがたく頂いてウチのメインの食器になりました。いいなー黒の食器。
b0003991_095143.jpg上から撮った図。
ああ、料理は、アスパラとズッキーニとトマトのバルサミコ炒めです。
もうちょっと白めの料理のが良かったかなぁ。

b0003991_010344.jpg斜め上から。
もうちょっと構図とか考えないとだめか。。
どうせなら105mmマクロつかってもうちょっと寄って撮ればよかったかも。
[PR]
by strayant | 2010-12-28 00:14 | くうねるあそぶ
モンゴル料理教室 10月「薬膳花巻と野菜炒めと野菜スープ」#2
続き。単なる野菜炒めですが、なぜか美味しいです。料理教室補正がかかってる!?
たまねぎがスライスな以外、材料は全て千切り。太さは合わせておいた方がよいです。
b0003991_04587.jpg油をひきます。菜種油。結構量は多めな印象ですね。

b0003991_0452220.jpgショウガとニンニクを炒めます。

b0003991_0453819.jpgたまねぎスライスを追加。

b0003991_0454963.jpgピーマン追加。

b0003991_046943.jpg炒めます。

b0003991_0462237.jpg鶏ガラスープ追加。

b0003991_0463637.jpg炒めるというか、煮ます。

b0003991_0464995.jpg熱湯で3分茹でてから、水にさらしておいたジャガイモとニンジンを加えます。

b0003991_0473537.jpgさらに火を通します。この辺りで味付けだったかな。塩、砂糖、酒、味醂、胡椒、ラー油。分量は適当。好みの味に仕上げるしかなさげ。

b0003991_047473.jpg水分がとんだら完成。

[PR]
by strayant | 2010-12-17 00:48 | くうねるあそぶ
モンゴル料理教室 10月「薬膳花巻と野菜炒め」#1
ちょっと写真多めです。説明少な目です。まずは、花巻から。
b0003991_111795.jpg<材料>
中力粉 500g (強力粉 300g&薄力粉 200g で代用可能)
イースト 6g
ベーキングパウダー 4g
40度のお湯 240cc
砂糖 30g
油 20g
<作り方>
粉とイーストをざっくりと混ぜておきます。
そこに砂糖を溶かしたお湯いれ、まとまるまでよく捏ねます。
油をボールに塗って、こねた生地をいれてからラップをして発酵させます。


b0003991_111206.jpg30分くらいを目安に。大きさが倍になるまで温度と時間を調整します。
発酵が終わったら、ベーキングパウダー追加して、打ち粉をしつつさらに捏ねます。

b0003991_1113646.jpg打ち粉をしてから手で広げます。

b0003991_111521.jpg表面に油を塗ります。

b0003991_112622.jpgガラムマサラと胡椒をふりかけます。

b0003991_1123498.jpgくるくる巻きます。

b0003991_1125117.jpg巻きます。

b0003991_113767.jpg切ります。

b0003991_1134826.jpg一切れをもってちょっと潰します。

b0003991_1135813.jpgくるっ。

b0003991_1141395.jpgくるっ。

b0003991_1145141.jpg成形完成。もちろん先生がつくったのは右上の綺麗な形のです。
我々がつくったものはひどいもんです(笑

b0003991_1151010.jpg蒸し器に油をぬって、15-18分蒸して完成。水蒸気多めがよろしい模様。

[PR]
by strayant | 2010-12-14 01:15 | くうねるあそぶ
モンゴル料理教室 9月「猫耳そば」#2
続いて、具とスープの作成です。
b0003991_22464330.jpg具材として、今回は以下を使用。
・ジャガイモ(さいの目切り)
・玉ねぎ(みじん切り)
・椎茸(スライス)
・豚肉こま切れ(バラ肉が良い)
・ネギ斜め切り
・ニンニクみじん切り 2欠片
・生姜みじん切り 3スライス分
・あれば白菜の漬物を二日放置したもの


・まず、菜種油を中火から強火で加熱し、肉を炒めます。
・ネギ、生姜を加え、さらに炒めます。
・調味料を加えて味を見ます。黒胡椒、酒、醤油、八角、花山椒。
・椎茸を加え、さらに炒めます。
・ジャガイモを加え、さらに炒めます。
塩小さじ1-2が基本ですが、もう少し多めが良い。
鶏ガラスープをひたひたより多めに加えます。
塩は強めに。

b0003991_20268.jpg蕎麦は、多めのお湯で 3-4分茹でておきます。

b0003991_221747.jpg具とスープをかけてできあがり。ちょっと飾りで葉っぱでものせておくと良いかも。できればパクチーがいいですね。
[PR]
by strayant | 2010-11-29 02:03 | くうねるあそぶ
モンゴル料理教室 9月「猫耳そば」#1
どっかの国のように猫を狩って耳を食うわけではありません。
まずは、そばの作り方を記載してみます。

b0003991_23331280.jpgいきなり一息。
モンゴルティーです。
お茶なんで、もちろん茶葉を使っているんですが、バターや塩がはいっていて、どっちかというとスープに近い雰囲気。お茶と思って飲むと、予想外の味がやってくるので一瞬脳が戸惑いました(笑

b0003991_23443981.jpgまずは生地づくり。日本のそばとは根本的に違いますね。なんといっても作り方がアバウト。
一応材料の配分はこんなかんじですが、状態をみて随時加減を加えるのでホントに目安程度です。
・蕎麦粉 600g
・塩 少々
・小麦粉 3握り 硬さ調整に使う
・水orお湯 粉の半分くらい 蕎麦粉は吸水が弱いので水分を入れすぎないように注意。
生地がまとまったら30分程度寝かせます。

b0003991_23544321.jpgそして、生地をちぎって細長く成形し、細いひも状の生地を小指の第一関節分くらいちぎり手のひらに押しつけて、親指の丸みをつかって、くるんっっとなすりつけるように延ばします。これを延々と続けてそばが完成。ちなみに、茹で時間は沸騰したお湯で3~4分。んーそば粉でつくったコンキリエみたいなもんかな。

モンゴルでこのそばは、おばあちゃんがボール一つかかえて座ったまま作れるというお手軽な料理なんだそうです。
完成図は#2の具とスープ編のラストで。
[PR]
by strayant | 2010-11-24 01:13 | くうねるあそぶ