カテゴリ:粉闘記( 139 )
カボチャのシフォンケーキ
しつこいことに、まだカボチャ。
今度はきっちりシフォンケーキのレシピで。
b0003991_0193865.jpg生地。ちょっと気持ち固めな気がしないでもないですが。綺麗にできました。

b0003991_0204926.jpg焼き上がり。
表面にちょっと火が通りすぎでしょうか。まぁ、本気のときはこの部分をカットします。が、もったいないし、香ばしいアクセントになるかも知れないので、つけておきます。
つまり、カットするのが面倒ってことですね(笑。

b0003991_0224044.jpg個別にカット。底の部分が膨らんだ影響なのか、湾曲してます。。形に関して言えば今一歩、なのかなぁ。


1切れ食べてみましたが、焼き上がってちょっと冷ましたくらいだと、ふわふわしっとりで、カボチャの香りもちゃんとして良いできに思えました。これは配布しても問題無いと判断。残り7切れすべて配布。うち、意見を期待するのは3つか4つか。

- 頂いた意見 -
・まだスフレに近い感じ。
◎生地の水分が多いのでしっとり感が強いのではないか。
◎もっと気泡をふやしつつ、しっとり感をこのまま維持が最高。
・スポンジの感じが良い。
・カボチャの味もしっかり感じられて良い。
・このしっとり感とふわふわ感がいい。
・表面がちょっとコゲかけていた。が、これはこれで美味しい。
◎カボチャの味を邪魔する違和感のある味かニオイがある。(試食したすべての焼き菓子に共通でついているので、共通の材料が原因か?粉とかバターとか?)

さて、頂いた意見、かなり好感度の高いものが多かったのですが、注目すべきは、二重丸のついた3点。
・水分と気泡について
これは、カボチャの水分はしょうがないので、シフォンにくわえる水や牛乳の量の調整になりますね。シフォンのように170度くらいで長時間焼く場合、内部の水分の蒸発がゆっくりなるため、シフォン内部で大きな気泡をつくりにくく、しっとりした生地になるのでしょう。
フランスパンのように高温で焼く場合は、生地に水分を大量にふくませ、一気に水蒸気にして生地に気泡を大量につくっています。が、シフォンでこれをやってもいいのでしょーか。。一度実験してみようかな。
・違和感のある味かニオイ
ぶっちゃけ、この意見にはびっくりしました。粉やバターは多種多様なものを使っているので、シロだと思いますが、、問題はオーブンかも。
結構酷使しているわりに、オーブン内部の掃除をそれほどこまめにしているわけではないので、底にバターや油がこびりついています。加熱するたびにこの油や食材のカスが焼けて、オーブン内部に充満していた可能性はあります。
とりあえず、次回のお菓子をつくる前までに、徹底したオーブン洗浄が必要そうです。
それにしても、食べたお菓子をここまで分析してもらえるとはっ!
ありがたいことです。
[PR]
by strayant | 2009-12-10 00:59 | 粉闘記
カボチャのケーキ ver.2
今度は牛乳を忘れずにくわえましたよ。
で、前回のカボチャのケーキ、実は材料すべてをミキサーにかけてつくるというお手軽なものだったのですが、中途半端に手順を変更して、中途半端に手をぬいたので、良くわからないものになってしまいました。
今回はリベンジバージョンなので、徹底的に手順を見直しました。が、完全に自己流です(笑
b0003991_0284324.jpg<材料>
カボチャ 180g(正味) / 卵 3個 / 砂糖 70g / バター 70g / 小麦粉 50g / 牛乳 70g
<手順>
1.卵黄と卵白を分けて、卵黄に砂糖20g をくわえて白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜます。
2.皮を綺麗にむいたカボチャは3センチ角くらいに切り、レンジで7分加熱し、裏ごししておきます。
3.バターもレンジで温めてとかしておきます。
4.白っぽくなった卵黄に裏ごししたカボチャをくわえ、よく混ぜ、さらにバターをくわえてよく混ぜます。
5.そこに牛乳をくわえて混ぜ合わせ、最後に小麦粉をふるい入れて粉っぽさが無くなるまでよーくまぜます。

b0003991_0312752.jpg6.メレンゲを作成。卵白に砂糖 50g をくわえてハンドミキサーで角が立つまでよく泡立てます。
7.メレンゲの 1/3 を卵黄生地にくわえて均一になるまで混ぜ合わせます。
8.そこに残りのメレンゲの半分をくわえてさっくりとまぜ、その直後にメレンゲのボールに生地をすべて流し込み、気泡を潰さないようにさっくりと混ぜ合わせます。
9.18cm のケーキ型に流し込んで170度のオーブンで 40分ほど焼いて完成。

b0003991_038963.jpg焼きたてを食べてみました。
昨日のケーキとホントに牛乳しか材料が違わないのか・・・?というくらい違います。
今回のものは、カボチャのスフレな雰囲気。全く対極なできあがりとなりました。
ほぼ同じ材料を使ってもこれだけ違うものができるっていうのが料理の醍醐味でもありますよね。
なかなか楽しかった!あとは、このケーキの引き取り手を捜索・・・・。
[PR]
by strayant | 2009-12-03 00:40 | 粉闘記
カボチャのケーキ
第3弾。
最初に言っておきますが、こいつは失敗作。テーブルに出しておいたのに牛乳をくわえるのを忘れるというイージーミス!!...Or2
b0003991_0231426.jpgまぁ、焼けばそれっぽくなりましたけど。これはどーなんだ・・・。牛乳がはいらなかった分、もの凄い濃くて重いモノになっている気がします(笑)
表面はバターが高温になって生地が揚がったような状態に。

b0003991_0391114.jpg食べてみました。
カボチャの主張とバターの主張がもの凄い真っ向からぶつかってます。調停役の牛乳がいなくて大暴れしているかんじ。唯一の救いは、裏ごしのおかげか、表面以外の口当たりは滑らかな事でしょうか。
このまとまりのない味は、冷やしたら少しはおちつくのだろうか。。なんにせよ冷蔵庫に朝まで軟禁です。
[PR]
by strayant | 2009-12-02 00:42 | 粉闘記
カボチャのプリン
第2弾。
b0003991_145615.jpg炊飯器で作るカボチャのプリン。どうせならってことで、裏ごしもしてあります。
きっと滑らかにできあがっているはず!そして、カラメルは面倒だったのでカット。
うーん、イマイチ固まらなかったなぁ。その後、冷蔵庫で冷やしたら結構しっかり固まりました。
なお、レシピの出典は All AbloutAll About。かなり濃厚なカボチャプリンができあがりますよ。
炊飯器だと時間はかかりますが。。(炊飯器処理時間:トータル2時間15分)
[PR]
by strayant | 2009-12-01 01:47 | 粉闘記
卵白のクッキー?
クッキーと呼べるものではない気がしますが・・・。
b0003991_08234.jpgメレンゲを低温で乾燥焼きしたものです。
<材料>
卵白 2個分 / 砂糖 70g
<作り方>
1.砂糖を卵白に加えて、角が立つくらいまで泡立ててメレンゲを作ります。
2.絞り袋でクッキングペーパーに小さく絞っていきます。
3.100~120度で 60分乾燥させてできあがり。白いままできればいいのですが、どうしても糖分が色づいてしまいますねぇ。
ふわっと溶ける食感が良い感じ?卵白処理には丁度良いかもしれません。が、たった2個でも莫大な量ができるのでご注意・・・。
[PR]
by strayant | 2009-12-01 00:12 | 粉闘記
カスタードシュークリーム
前回よりも大きめに作成&カスタードクリームも自作して詰めてみました。
b0003991_1194496.jpgシュー皮は生地の硬さ、というか最後に卵をくわえて硬さを調整する工程に全てがかかっている気が。ここでミスると膨らまなかったり、生地がダラァァーーって流れちゃったりするようです。失敗したことないからよくわかりませんが。

b0003991_1223887.jpg焼き上がり。
前回と同様、特に問題なく膨らんでいます。今回は2段では焼かず、1段の天板で2回焼きました。時間はかかりますが、間違いなく失敗なく綺麗に焼けますね。

b0003991_123578.jpgカスタード詰め終わり。
カスタードは初挑戦でしたが、コーンスターチが多いレシピだったのか、妙にプルンプルンしたカスタードクリームに。。加熱時間が長すぎたのかもしれませんけど。味は、たぶん食べられなくはないです。
[PR]
by strayant | 2009-11-30 01:26 | 粉闘記
プチシュー(皮のみ)+ポンカンマーマレード
ついに、シュー皮にトライしてみました。
よく、膨らまないという話を聞いているので、何度目に成功するかは分からないなーと思いつつ。。
b0003991_0585460.jpg生地をつくって絞り袋・・がなかったのでビニール袋に入れて角をちょっと切ったモノで代用。。こんなんでうまく絞れるんかな、、と不安になりつつもそこそこマトモにできました。

b0003991_0583342.jpg200度で 15分、そのあと 180度で 15分。開幕 10分ほどしてもほとんど膨らまなかったので、やっぱり失敗かぁ、と原因を考えていたのですが、その 5分後にみてみるとぷっくりと全ての生地が膨らんでました。
なーんだ、これでよかったのかーとひと安心。あとは、ウチのオーブンのクセで上段の奥が一番高温になるので、位置を入れ替えつつ焼き上げて完成。
ざっとみて、70% は申し分のないふくらみ具合。残りはすこーしふくらみが足りないかなぁ、というところですが、実用に問題は無いレベルでした。

b0003991_123212.jpgで、中にいれるクリームがないので・・・先日つくったポンカンマーマレードを詰め込んでみました。
ちょっぴりほろ苦いですが、悪くないんじゃないでしょうか。

初挑戦でしたが、予想外にマトモに完成してしまいました。参考にしたレシピサイトがよかったのかなぁ。
とりあえず、ちゃんとした絞り袋を買うことを決意しました。
(また道具が増加する・・・)
[PR]
by strayant | 2009-11-27 01:06 | 粉闘記
約8ヶ月ぶりの電子レンジケーキ
某所で日記を読んでいたら、ふと思い出してつくってみました。
急げば計量から入れても10分程度で完成しますが、今回はちょっと丁寧に生地を混ぜてみたので17分ほど。
b0003991_095610.jpg<材料>
ココア 大さじ4 / 小麦粉 大さじ2 / 砂糖 大さじ2 / BP 小さじ1 / 卵 2個 / サラダオイル 大さじ2

b0003991_0115572.jpg粉だけをタッパにいれてよーくシェイクします。調子に乗ってると蓋がはずれると大惨事ですので、ご注意下さい。
そこに、卵とオイルをくわえて計量スプーンでよーくまぜます。このレシピで唯一手間がかか部分です。計量スプーンを使うのは、洗い物を減らすためです。
ただそれだけの理由です、はい。

b0003991_0125437.jpg蓋をして電子レンジで 2分間加熱します。
最後の方で蓋が押し上げられてはずれるかもしれませんが、気にせずに。吹き飛んだりはしないと思います。


たぶん。


b0003991_014114.jpgひっくり返してタッパから出して冷やせば完成。この分量でBPが小さじ1は多い気がしますが、短時間でつくるためにはしょうがないのかもしれません。前回の記事の際に、このレシピだとちょっとビターと書いてありましたが、やっぱりビターでした。
小麦粉を大さじ2増量して、ココアをその分へらし、砂糖を大さじ1増量すればいいかんじかもしれません。
以上、お手軽電子レンジケーキでした。
[PR]
by strayant | 2009-11-26 00:16 | 粉闘記
田舎風くるみパン
食べやすい軽さと味です。粉を 500g 使うと結構たくさんできますねぇ。
b0003991_148730.jpgいろいろ作業をしてオーブンに入れる前の生地。
ライ麦粉が入ってるからなのか、発酵は冷蔵庫で8時間とかかかるので、完成まで一気に作業ができません。
なかなかめんどくさいです。

b0003991_150027.jpg焼き上がり。なんか、少しパン屋さんでうってそうな雰囲気です。(自己評価)
1つの 1/4 を食べてみましたが、そこそこ美味しくできている気がしました。
食べてもらった評価がどうなるか楽しみではあります。
[PR]
by strayant | 2009-11-23 01:52 | 粉闘記
チョコレートシフォンケーキ
通常のシフォンケーキと大差ないだろうとおもっていたら、結構分量がちがってあわてました。
でもそれ以上にあわてたのが、今回買った板チョコの 1枚の重さが知っているモノよりさらに軽くなっていたことかな。。ちょっと前まで 65g だったのに、今は 58g。チョコがどんどん薄くなってますよ!
b0003991_1415735.jpg今回は完全にレシピどおり。卵黄が卵白より 1個すくないです。まぁ、それほど難しい工程があるわけじゃないので、あっさり完成。たぶん、問題はないはず・・・。食べてないから分からないけど!
[PR]
by strayant | 2009-11-23 01:44 | 粉闘記