タイの迷走日記#9 中心街の蛇
さてさて、お昼も食べたし、またあちこちウロウロモードです。
N氏が銀ショップにいきたいということで、サイアム付近へいってみます。
が、ものすごいゴミゴミしてて何がどこにあるのやら・・・。屋台も多すぎで右往左往しつつどうにか目的のビルを発見してはいってみました。銀屋もすぐみつかったのではいってみるものの、結構高い!お買い得感まるでなし!しかも店内、日本語の解説があちこちに。日本人が経営してるのかな・・・?
そういえば、ちょっと雑学なことがかいてあって、タイの数字のペンダントでは、8だか9が人気とか。発音が「仕事」と同じだから、ゲン担ぎってことで好まれるようです。(もしかしたら違うかも・・・記憶が薄れてきていますので。)

とまあ、見る物も他になかったので、つかれたしということで、喫茶店でコーヒーとお菓子でひとやすみ。コーヒーをのみながら、これからどこに行くかを話しをしてました。コーヒーが巨大なマグカップにはいってきたのにはビックリしましたが。こっちのひとは普通にこんな量飲むのでしょうか・・・。
大量のコーヒーをすすりつつ、ガイドブックをひらいてどこに行くか検討っと。行き当たりばったりです、はい。近場にレザー製品をあつかっている店があるなー、っとそのそばに見つけました「スネーク・ファーム」。これはいくしかない!気乗りしないN氏がいたような気がしますが、きっとキノセイです。目的地がきまれば、即行動。


まずはレザー屋さん。よさげなバッグとか革細工に参考になるようなものがあるといいなーとおもいつつ向かいます。途中なにやら怪しげな店がおおいゾーンを通過。どうやら、このあたりが一時問題となった、視察と称して日本の役人が通ってた風俗街っぽいです。昼間なので閑散とはしていましたけど。
で、革屋さん。・・・・・・・・・・・・。想像していた店とまったくちがう(笑。いわゆるこの地区で使うよーな系統の革の製品でした。ばかばかしいので期待大の蛇園に向かいます。


で、ちょっと迷いつつスネークファームへ。それほど遠くはありませんでした。交通量がものすごい多い通りに面していました。入場料を払ってから最初はスライド上映の鑑賞。英語だったので半分も理解できず。写真だけでも多少は楽しめました。
上映後、実際の蛇をつかったデモンストレーションがあるそうなので、外へゾロゾロと移動・・・。

b0003991_1250477.jpgで、開幕からいきなり、キングコブラ vs 飼育係のおじさん。
にらみ合い。牽制のしあい。

b0003991_1251175.jpg無事とっつかまえました。あんまり力んだら蛇が潰れそうですよ・・・。
ほかの飼育係で、キングコブラの牙が足をかすめてしまった人がいました。焦り具合から事故だったようです(笑)。でも無事問題はなさそうでした。よかったよかった。
このあたりも熟練の差とかあるんでしょうか。

b0003991_12513210.jpgなにやら種類はわかりませんが、蛇。腕にまきついています。

b0003991_1251561.jpgほんとはもっとたくさんの種類の蛇の紹介があったのですが、多すぎるので割愛。これはラストのでかくて毒のないおとなしい蛇。観客の首にまかせてくれるサービスです。
もちろん私も巻いてきました。蛇の肌はひんやりとつるつるしてます。逆目になでるとひっかかりますねぇ。あと、ゆっくりですが、かなり力強く締め付けられます。なかなかかわいい蛇でした。N氏は絶対にやだといって挑戦しませんでしたが・・・(笑


またもや更新に間があいたのでここで切っておきます。
次は タイの迷走日記#10 ぷらぷら散歩~最後の晩餐?
[PR]
by strayant | 2008-01-11 17:58 |


<< サブレ パンとお菓子のレシピ >>