イブクロ
胃袋もたべます。今回使ったのはハチノス。牛の胃袋は全部で4つ。ミノ・ハチノス・センマイ・ギアラだそうで。
b0003991_17343016.jpg[材料(1胃分)]
ハチノス 1つ / タマネギ 1こ / ニンジン 1本 / セロリ 1本 / トマトソース 800ccくらい / イタリアンパセリ 適量 / 塩・胡椒 適量
[手順とコメント]
ハチノスはまず下ゆでします。適当な大きさに切ったタマネギ、ニンジン、セロリと一緒に1時間くらい茹でます。ゆであがったらゆで汁と野菜はすて、ハチノスは洗ってから一口大の大きさに切ります。

b0003991_17384714.jpgトマトソースに切ったハチノスをいれて、圧力をかけて30分煮込みます。圧力をかけすぎると歯ごたえがなくなってしまうのでうまく調整してみてください。最後に圧をぬいてからソースの水分を少しとばして完成です。コリコリした食感がとてもいいですね。初めて食べる人はちょっと勇気がいるかもしれませんけど。本来はこれに茹でたジャガイモを添えるようですが、今回は割愛しました。
[PR]
by strayant | 2006-05-11 17:41 | 日独伊三国料理


<< 尻尾のグリル 牛テールの赤ワイン煮込み >>