モンゴル料理教室 9月「猫耳そば」#1
どっかの国のように猫を狩って耳を食うわけではありません。
まずは、そばの作り方を記載してみます。

b0003991_23331280.jpgいきなり一息。
モンゴルティーです。
お茶なんで、もちろん茶葉を使っているんですが、バターや塩がはいっていて、どっちかというとスープに近い雰囲気。お茶と思って飲むと、予想外の味がやってくるので一瞬脳が戸惑いました(笑

b0003991_23443981.jpgまずは生地づくり。日本のそばとは根本的に違いますね。なんといっても作り方がアバウト。
一応材料の配分はこんなかんじですが、状態をみて随時加減を加えるのでホントに目安程度です。
・蕎麦粉 600g
・塩 少々
・小麦粉 3握り 硬さ調整に使う
・水orお湯 粉の半分くらい 蕎麦粉は吸水が弱いので水分を入れすぎないように注意。
生地がまとまったら30分程度寝かせます。

b0003991_23544321.jpgそして、生地をちぎって細長く成形し、細いひも状の生地を小指の第一関節分くらいちぎり手のひらに押しつけて、親指の丸みをつかって、くるんっっとなすりつけるように延ばします。これを延々と続けてそばが完成。ちなみに、茹で時間は沸騰したお湯で3~4分。んーそば粉でつくったコンキリエみたいなもんかな。

モンゴルでこのそばは、おばあちゃんがボール一つかかえて座ったまま作れるというお手軽な料理なんだそうです。
完成図は#2の具とスープ編のラストで。
[PR]
by strayant | 2010-11-24 01:13 | くうねるあそぶ


<< モンゴル料理教室 9月「猫耳そ... ピッキヌストア >>