ティアナの書
このタイトルを見て、おっと思った方。きっと友達になれます。
きっとほとんど知られてないでしょうねぇ。なんせ日本語版が出てない本ですから。

とりあえず、何モノなのか?ってのを説明しなくちゃですね。
これ、かの有名な「Myst」ってゲームの小説の第二作目です。確か三部作のハズだったんだけども、4冊目がでたのかしら?
・1作目「アトラスの書」 → 「アトラス」は主人公の名前。この本は日本語訳がでてます。ただし絶版。
・2作目「ティアナの書」 → 「ティアナ」は主人公の祖母の名前。翻訳されてません。
・3作目「ドニの書」 → 「ドニ」は国名。ドニ語というきっちりと文法やら色々と設定されている言語があります。ドニ語講座に詳しく記載されています。翻訳されてません。
私が持っているのは「アトラスの書」。独特の世界観と主人公の知的さなど、かなりお気に入り。
話の内容も非常に面白くて何度も読んでます。とってもオススメです。

で、10年くらい経つのかなぁ、ずっとティアナの書の翻訳を期待してるのですが、やっぱりかなりマニアックな部類なので採算あわないのでしょうね、、発売される気配はまったくなかったので諦めていました。
英語版を読もうとおもったことも何度かありましたが、学術論文ならまだしも小説は敷居が高いのです・・・。
ところが、昨日何気なく「アトラスの書」をぐぐってみたら、【MYST】日本語化支援したりしなかったり というサイトを発見。

こ・・・これは!!!
アトラスの書、ティアナの書、ドニの書を独自に翻訳して公開してくれているサイトですっ!
待ちこがれていたティアナの書を読むことができるのです!
嬉しすぎ。本当にありがたい。
速攻でブックマーク & iPod Touch にも転送。
発見したのが遅い時間だったので読むのはまた今度・・・。
数少ない楽しみができました。

(もしいるなら)Mystファンの方、是非読んでみてはどうでしょ?
そして、翻訳サイトの応援もお願いします(笑)
[PR]
by strayant | 2010-03-30 12:48 | くうねるあそぶ


<< リペアトゥース 牛すじカレー試食 >>