牛すじカレー
ずっとつくってみたかった牛すじのカレー。なんだかんだで完成までには2日かかりますが、ガンバッテミマシタ。
b0003991_18088.jpgまずは牛すじの下処理から。
ちなみに今回使うのは国産の生の牛すじ1.1kg。冷凍物ではない新鮮な牛すじなのです。
行きつけのお肉屋さんに入荷日を教えてもらって買いに出向きました。
ああ、下処理はそんなにむずかしくなくて、水からすじを鍋にいれて1回ゆでこぼすだけ。今回のすじは状態たいいので全然臭みがありませんので。ニオイが気になる場合はゆでこぼしを2,3回するとよいですね。
おわったらぬるま湯ですじの表面を洗って大きめの一口大に切っておきます。

b0003991_1113976.jpgスパイスの準備。使用スパイスは10種。
左上の赤いカイエンペッパーから時計回り&最後に中央の順に。カイエンペッパー、クミンシード、カルダモン、コリアンダーシード、オールスパイス、タイム、バジル、ターメリック、中央上がマスタードシード、下がナツメグ。

b0003991_114459.jpgこれをミルサーで粉末にします。
なんか、カレーパウダーっぽくなりました。香りも良いかんじです。カルダモンが多すぎじゃないかなぁ、と心配でしたが問題なさそうです。

b0003991_1163783.jpgせっかくなので、同じ割合でスパイス調合を3倍量実施。で、メゾン・ド・ヨシダの塩胡椒の袋にいれてみました。
なんか、ちょびっと売り物っぽい雰囲気が!
なお、使ってみたいぞーって奇特な人がいればお分けします(笑)
増産はそれほど大変じゃないですので。

b0003991_120271.jpgで、作業にもどります。
オリーブオイル80cc に 潰したニンニク6かけら、粗みじんのショウガを大さじ3~4杯分、鷹の爪を4本くわえてよく炒めます。そこに、バター80g と粗みじんの玉葱500g をくわえて茶色く色づくまでじっくり炒めます。
そのあと、粗みじんのニンジン 400g と おなじく粗みじんのセロリ 300g をくわえて炒めます。

b0003991_126213.jpgそこにパウダースパイスをくわえて香りが立つまで混ぜ合わせながら炒め、下処理した牛すじをくわえてよく絡めます。

b0003991_1291914.jpgつづいて、ざるで漉したトマト缶を入れ、全体になじませたら赤ワインを 750cc(1本)注ぎ入れます。さらに、水を1.5リットル、ローリエを8枚くわえ、4時間弱火で煮込みます。ここで軽く塩胡椒を振っておきます。

b0003991_13045100.jpg煮込み終わったあと。なかなかいいかんじです。
ここで一晩(8時間程度)おいておきます。

b0003991_1321120.jpgそのあと、3時間煮込んでから、市販のカレーフレーク(今回はカレールー)を40gくわえます。
味を引き締めるための胡椒をガリガリと多めに入れ、塩分の調整をしたら最後に1時間煮込んで完成です。


自分でいうのもナンですが、やわらかーくなった牛すじがなかなかウマイです。
問題があるとすれば、最低作成単位が今回つくった量なので、完成品が莫大になることくらいでしょうか。。
[PR]
by strayant | 2010-03-29 01:38 | 黒蟻と香辛料


<< ザーサイ焼きうどん 種子島の安納芋 >>