ライブレッド実験計画
よくつくるクルミとレーズンのライブレッド。
どうせならより最適な配合をみつけてみようと思い、実験計画をたててみることにします。

テーマ:(ライ麦粉含有量/レーズン投入時期)とクラムの風味の関係

1.ライ麦粉通常タイプ
ライ麦(中挽き) 120g + とみざわからの贈り物 200g
レーズン分離
イースト 3g フォルサワー 3g

2.ライ麦粉増量タイプ
ライ麦(中挽き) 120g + とみざわからの贈り物 100g + ライ麦(細挽き) 100g
レーズン分離
イースト 2g フォルサワー 5g

3.ライ麦粉通常・レーズン練り込みタイプ
ライ麦(中挽き) 120g + とみざわからの贈り物 200g
レーズン練り込み
イースト 3g フォルサワー 3g

4.ライ麦粉増量・レーズン練り込みタイプ
ライ麦(中挽き) 120g + とみざわからの贈り物 100g + ライ麦(細挽き) 100g
レーズン練り込み
イースト 2g フォルサワー 5g

<<上記以外の材料>>
・水 120g
・レーズン 100g
・くるみ 75g
・オレンジピール 30g
・モルトパウダー 2g
・ヨーグルト 90g
・塩 10g & 1g

<<ライ麦準備>>
ライ麦(中挽き)と水と塩を混ぜ、5時間ラップをしてやわらかくする。

<<焼成>>
220度に余熱し23分。

2日にわけて作成。
なかなか大変でしたが、面白かったぁ。ライ麦濃度があがるとやっぱり発酵に時間がかかる&ふくらみにくくなるので発酵時間は多少調整しました。
[PR]
by strayant | 2010-03-05 01:45 | 粉闘記


<< 炊飯器サムゲタン セロリオムレツミートソースがけ >>