定期入れ修理開始
さて、腕時計が入院したばかりなのですが、こちらも 15年以上使っている定期入れの入院、というか集中治療室送り
です。
b0003991_0163872.jpg当然ながら、当時は磁気カードしかないため、出し入れ前提で革とプラスチック部分の複合で作られています。んで現在は、プラスチック部分は完全に風化し、ボロボロに砕けている上、革の部分もこすれて削れて薄くなり、今にも千切れそうです。元々それほど厚手の革ではありませんしね。
買い換えればいいものですが、数少ないいただき物なので修理をしてまだまだ使います。とりあえず、プラスチック部分は諦めて、オール革にしましょうかね。それに伴い多少厚くなるのは致し方なし。
[PR]
by strayant | 2009-12-15 00:22 | つくる


<< サンドイッチ#4 あり合わせのご飯 >>