刃のメンテナンス
1年前くらいに購入した包丁の切れ味がだいぶおちてきてしまったので、そろそろ研がないとなぁ、とずっと思っていたのですが、ようやく重い腰をあげて、研ぎ屋さんの捜索から始めて、依頼することに。
b0003991_16191422.jpg意外にも、隣駅から歩いてちょっとのところに老舗の包丁屋さんが見つかったので早速包丁を持っていくことにしました。
1つはグレステンの牛刀。ほぼ毎日この包丁オンリーで料理をしているのでよく見ると刃がこぼれまくってます。1年間酷使してきたのでしょうがないですねぇ。
もうひとつは塩釜をこじ開けようとして先端が欠けてしまい、しばらく使っていなかったナイフ。まぁ、持ち歩いたら間違いなく御用になるタイプでしょうね。

b0003991_162452.jpgで、持ち込んでみたところ。やーーーっぱり、ナイフの方でちょっと嫌な顔をされました。
店主<こちら(ナイフをみながら)、どちらで購入されました?
私<鍛冶屋さんです。先端が欠けすぎで難しいでしょうか?
店主<いや、研ぐ事は問題ないですよ。綺麗に成形すればいいので。でも、これは包丁ではないですねぇ。ちょっと、、、(ごにょごにょ)。。うーん、用途は何でしょうか?
私<料理用です。
・・・めっちゃ疑われてます。不審者扱いですか!?刃物を人混みで振り回すようにでも見えたんでしょうか・・・。
私<やっぱり銃刀法とかの類で問題になりますか?
店主<そうですねぇ。これは、包丁というよりナイフですからねぇ。
・・・まぁ、わかってて持ってきてますけど。依頼の時は知らんぷりして、包丁2つおねがいできますか?と言いましたけど。
私<免許証とか身分証明書を見せた方がよいのでしょうか。
店主<いえ、大丈夫ですよ。お急ぎでしょうか?

っとまぁ、こんな流れでどうにか引き受けてもらえました。両方あわせて 2500円ほどかかるそうです。意外と高いですが、そこはそれ、技術料。なんせ先端の欠けた部分を修復してもらうんですから。
明日とりにいってきます。久々に切れ味がもどってくれるのが楽しみです。

しかし、そろそろ自分用の粗砥と中砥あたりを買っておこうかな。
昔は自分でナイフとか研いでましたので、自力でできないわけじゃないですし。
[PR]
by strayant | 2009-11-28 16:34 | 雑感


<< 刃のメンテナンス結果 プチシュー(皮のみ)+ポンカン... >>