らんぱく(古)の行く末は?
さて、カルボナーラをつくった際の 6個分の卵白。
2日冷蔵庫で経過しています。
活用法をそろそろ考えないとなりませんね。
検索検索・・・。おぉ?卵白と砂糖だけをつかって、低温で焼いたサクサクのクッキーなんてものがあるではないですか!
作り方は砂糖と卵白でメレンゲをつくって絞り袋で小さく絞りだして焼くだけ。
メレンゲなんてもう慣れたもんだしこれはいけるだろう!
という、軽い気持ち&余裕をぶっこいて6個分のらんぱく(古)をメレンゲにする作業を開始・・・。
ハンドミキサーでしゅわーーーっと泡立てていきます。。砂糖を3回に分けていれるようなので、60g ずつ くわえていきます。
1回目、2回目、3回目っと。
おーい、そろそろ角立ってきていいぞーと思いつつハンドミキサー全開で泡立てます。
・・・・(何かがおかしい事に気づきだす)
・・・(泡がやたらでかくてすぐ割れているように見えるんですが、見えなかったことにして泡立て続けます)
・・(そういえば古い卵だとメレンゲは作成不能って聞いたことがあったようななかったような、いや、無い。)

これは、もしや、、、、ビンゴではないのかっ!(認めざるを得ない事実を突きつけられた)

Or2...

メレンゲ失敗。しかも卵白6個分。
砂糖も180g使用。

ここで分岐点。
聡明な方なら諦めて廃棄して終了です。間違いなく正解です。
しかし!無理に活用法を見いだそうとあがくタイプがココにいます。

しばし考える・・・脳内データベースを検索検索。お菓子に関してのデータがほとんどないけど、検索検索。
ふと、視線を足下にうつすと、見えているのは日清のバイオレット薄力粉(使いかけ残り 167g)。
残り少ないし使っちゃえよ、と囁きかけてきている、気がします。
・・・・・。
チッチッチッポーン。
どうせあと167gしかないし、いれてしまえー。(負け組フラグが立ちました)
さらにバターの残りもあったはずだー。溶かしバターにしていれてしまえー。(食材の無駄使いの追い打ち)
香りづけにグランマニエもいれてしまえー。(やけくそですね、わかりまs)

そして完成したおぞましい生地を 18センチのケーキ型に、だばぁー。
で、 180度で 40分焼いてみます。
「よく考えたら、コレダレが食うの?」って素朴な疑問が頭をよぎったのはオーブンに生地をつっこんだあとでした。

To Be Contenued..
[PR]
by strayant | 2009-11-09 23:42 | 粉闘記


<< ベイクドチーズケーキ リベンジ カルボナーラ >>