タンドリーチキン?タンドーリチキン?
使う窯の名前がタンドール窯なので、きっとタンドーリチキンが正しいのかな。
ま、それはともかく、第一回の試作で気づいたことをメモメモ。
・スタータースパイスは煮込みがはじまったくらいで取り除いておくのがよさそう。
 → 丸ごとの唐辛子、シナモン、ベイリーフ、クローブといった大型のスパイス
・ココナッツミルクorクリームを加えなかった事による影響。
 → ちょっと辛味がつよかったかも。入れるとマイルドになりそう。
・仕上げのガラムマサラ
 → まだつくってないので使わなかったが、パウダースパイスで十分香りがでていたように思う。加熱によって香りが飛んでしまうのを補うために完成寸前にいれるが、アリナシを比較したいところ。
・タンドーリチキンの塩分
 → レシピには塩の使用がなかったが、カレーの具にするならともかく、単体で食べるなら塩・胡椒はくわえたほうが良い。
・タンドーリチキンの焼き方
 → 160度で10分ほどとあったが、これでは生焼け。オーブンを使うよりも、一番弱火にした魚焼きグリルでやいたほうがカラっと美味しく焼けた。ただし、焦げやすいので注意。
[PR]
by strayant | 2009-06-23 12:44 | 黒蟻と香辛料


<< インド料理 ~ガラムマサラ[序]~ インド料理 ~チキンカレー /... >>